図解で学ぶ不動産投資

【1億円の不動産物件は1000万円の自己資金があれば購入できる】

トップ画像.png


「FX投資や株式投資はやっているが、不動産投資はやったことがない。」という方が多くいると思います。
私もその一人でした。理由はハードルが高いと思い込んでいたからです。様々な書籍やテレビで紹介されている不動産投資は、医者や弁護士、事業で成功した人が、有り余ったお金をさらに増やすためにするものだと思っていました。

ソリッド株式会社に入社する前までは、


「1億円の物件を購入するには1億円の資金が必要だから、そこまで貯金の無い自分には、全く縁のないものだ。」


と考え、不動産投資について調べることをしませんでした。しかし、不動産投資に実際に関わるようになり、自分の認識が間違っていたことに気が付きました。

実際に不動産投資について学んでみると7000万円の物件を7000万円で、1億円の物件を1億円で購入する必要がなかったのです。


世の中に不動産投資をやっている投資家は数多くいますが、物件を自己資金だけで購入する投資家はほんの一部です。

ほとんどの投資家は、ある程度の資金を元手に銀行から融資を受けて不動産投資をしています。すなわち、ローンを組むことで少ない自己資金で不動産投資を始めることができるのです。しかも住宅ローンとは違い、不動産投資のローンは居住者の家賃収入によって支払うので、自分自身の資産を減らすことなく投資をしていけます。


 

物件の10%の資金があれば不動産投資が始められる


 

将来のために余裕を持った不動産投資をしようと考えているのであれば、物件価格の10%くらいの資金で不動産投資を始めることができます。7000万円の物件であれば700万円程度、1億円の物件であれば1000万円程度の元金があれば、比較的余裕を持った不動産投資を始めることができます。


書籍やWebサイトによっては、100万円や10万円で不動産投資を始めることができると記載されているものもいくつかあります。しかし100万円や10万円から不動産投資を始めることはできなくはありませんが、お勧めしません。

100万円、10万円からの不動産投資は「数百人に1人がたまたまできるケース。」もしくは「ほとんど収益にならない物件を安く買ったケース。」くらいに思ってください。あまりにも少ない資金で投資を始めた場合、空室であったり借金返済のリスクが気になってしまい、余裕を持った投資や収益に結び付きやすい投資ができません。


自由なお金と自由な時間を手に入れるために始めたはずの投資なのに、投資のことで頭が一杯になってしまい、本来の生活すらもまともに送れなくなってしまうのは本末転倒です。不動産投資に多くのお金が必要ないといっても、余裕を持って物件価格の10%くらいの資金から始めましょう。


もし強引にでもあなたに不動産を売ろうとしている不動産業者がいたとすれば、それはあなたの利益ではなく、自分自身の利益しか考えずにあなたに物件を購入させようとしています。10万円、100万円で始められるという甘い言葉だけを信じずに、リスクやリターン、将来のプランを一緒に考えてくれる、信頼できる不動産業者と一緒に不動産投資を行いましょう。


「プライベートカンパニーを活用して、不動産投資をしよう」が
あなたの不動産投資をサポートします。




・すぐに不動産投資を始めたいけど、悩んでいる
・自分自身にあった物件を紹介して欲しい
・不動産投資をする上で、プライベートカンパニーを設立したほうがいいかどうか相談したい
…場合は、こちらのボタン▼よりお悩みをお送りください。